家電の配送は引っ越し業者にお任せ

家電配送

家電の配送

家電 送る

家電 郵送

家電を配送


家電の配送をしたいなら、引越し業者がオススメです。
冷蔵庫や洗濯機などの大きくて重たい家電は、大手の宅配業者か便利屋、そして引越し業者などが運んでくれます。

 

しかし長距離になると便利屋では対応してくれませんので、宅配業者と引越し業者の一騎打ちになるのです。
もし費用を格安にしたいというならば、競争相手の多い引越し業者がオススメです。

 

引越し業者は、家電だけを運ぶサービスもやっています。
近距離引越しで、大きな家電だけを運んでもらうという人に特に人気のあるサービスです。

 

引越し業者一括見積もりで、家電を運んでくれる業者を簡単に探すことができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

料金を安くしたいなら、何社かで比較しなければわかりません。
一度の情報入力でまとめて見積もりが取れるので、相場はもちろん最安値の業者も簡単に見つけることが出来るのです。

 

何度も業者に連絡をする手間がないので、オススメです。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し時期と費用の違い

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期(オンシーズン)と通常期(オフシーズン)とがあります。
繁忙期と通常期には費用相場にかなりの差があることをご存知ですか?

 

引越し相場と繁忙期

 

日本では新学期を4月に迎えますので、新大学生や新社会人は3月に新生活のために一斉に引越しをするのです。
さらには春の人事異動によって新天地に移動するサラリーマンも加わり、3月は引越し業者が最も忙しい時期なのです。

 

のんびり準備していていざ引越し業者に見積もりを依頼したら、どこの業者も予約がいっぱいすぎて断られたという方もいます。

 

このように繁忙期・通常期に限らず、引越しの準備は早めに行いましょう。
新居の住所がわかったらすぐに引越し業者に見積もりを手配しましょう。

 

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れますので、簡単に業者を比較することができます。
繁忙期といえど、引越費用には差がありますので少しでも安く引越しできるといいですね。

 

 

おおまかな引越しの準備手順

 

引越し準備手順

 

引越しはすることが多くて作業をしていると終わるのか不安になります。
ですから先にどんなことをすればいいのか大まかな手順を確認しておくのがオススメです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけでも沢山ありますね。

 

まずは引越し業者についてですが、引越し費用は新居物件の状況で値段が変わります。
道路が狭くてトラックが入れない、4階なのにエレベーターがないなど訳ありの時はその分費用が上がります。

 

まずは新居が決まらないと正確な見積もりが出ませんので、引越し業者への見積もりは新居が決定したらすぐがオススメです。

 

次に荷物のことですが、引越し前に出来るだけ不用品は処分してくださいね。
荷物が多ければそれだけ多くのスタッフ、大きなトラックと多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。

 

市外への引越しの場合は、引越し2週間前に市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
余裕があるうちに行ってくださいね。
出し忘れると提出するために戻るか、役所に連絡して送ってもらい必要事項を記入後に送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

電気・ガス・水道ですが、それぞれの会社に連絡する必要があります。費用は日割りせ精算してくれます。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話で連絡を。
もし同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越しして郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局にて「転送届」を提出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせです。家具家電の配置は指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いてどこかに貼りだしておくと便利です。

 

貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌などとにかく大事なものは、自分で運んだ方が安心です。
引越し業者のスタッフも人間ですから100%壊さないとは言い切れません。そのために保険があるのです。

 

しかしこれらはうっかり破損してしまった場合に、保険やお金で解決できるものではありませんので特に大事に扱ってください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで役所から選挙などの大切なお知らせなどが届くようになります。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越し料金を安くしたい

 

引越し料金安く

 

引越しにはいろいろとお金がかかりますので、せめて引越し費用は安い方が嬉しいと思いませんか?
引越し費用を安くしたいのなら、まず引越し条件の見直しを考えてみましょう。

 

まず引越し費用を安くするなら荷物は少ないほうがいいです。
荷物の量が多いとトラックも大きくなりますし、人件費も高くなるので、不用品は引越しの前に処分しましょう。
不用品を運ぶ費用ほどもったいないものはありません。

 

次に引越しの曜日ですが、絶対に平日がオススメです。
土日祝日は希望者が多いので、平日ほど割引ができません。

 

そして午前と午後では、午前の方が人気です。
誰だって午前中に荷物を新居に搬入して、午後から荷解きしたいと思いますよね。
午後は引越し業者が前の仕事が押して遅れることも多く、場合によっては渋滞にはまってしまい、結局何時に来るかわからないことがあります。
しかしその分、午後便には割引があるのです。

 

また時間指定をしないフリー便も割引が多いのでオススメです。

 

引越しの中でも、長距離の引越しはお金がとにかくかかります。
単身者であれば、引越しパック便や混載便がオススメです。
ファミリーであれば、やはり一括見積もりで複数の引越し業者を比較するのがオススメです。

 

 

家電をレンタカーで運ぶ

 

引越し レンタルトラック

 

もしレンタカーで家電を配送したら費用が安くなるのでは?と思ったことはありませんか。
実際どうなのかシュミレーションしてみました。

 

まずレンタカーで家電を運ぶ場合にはいくつか条件があります。

 

@距離が近いこと A人手があること

 

自分で運ぶ場合は体力勝負であり1日勝負ですから、配送する場所の距離が遠いとたいへんなのです。
レンタカーを返却する前にガソリンを満タンにしなければなりませんから、後半はとにかく時間に追われます。

 

遠距離でもレンタカーを借りた営業所と違う営業所に返却することもできますが、その場合は手数料がかかるので「安く運ぶ」という目的が怪しくなります。

 

普通運転免許では今まで2トントラックが運転出来ていましたが、今は2トン未満しか運転できなくなりました。
そのため一般の方がレンタカーで借りられるトラックは軽トラックか1トントラック、1.5トントラックのいずれかです。

 

トラックの大きさは家財の量によって決めると良いですが、もし運転に不慣れなら軽トラックがオススメです。

 

大きな家具や家電がある場合は、トラックの荷台に運び入れるのも大変です。
必ず手伝ってくれる人が必要です。

 

これらの条件を満たしているなら、レンタカーでの配送もおすすめできます。

 

 

引越し業者のオプションとは

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスがあります。
すべての人に該当するわけではないので、必要な人だけがオプションをつけて引越し作業をカスタマイズするのです。

 

例えば引越し業者の行っているオプションで依頼が多いのが、エアコンの移設です。

 

エアコンは自分で外して、新居に設置ということが出来る簡単な家電ではありません。
電器屋に手配して移設してもらわなければならないので、非常に手配の面倒な家電なのです。

 

しかし高価でもありますから、新居に持って行きたい気持ちもわかります。
引越し業者にオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、同じくらいの費用で手間が省けますね。

 

車を遠くまで運ぶのは結構骨が折れます。

 

遠距離の車の陸送を自分でするには、時間が余裕があって、体力もあって、高速道路も長時間運転もへっちゃらな人でないと難しいですね。
運転や体力に自信がない方は引越し業者にオプションで車の陸送を依頼することになります。

 

引越し業者が荷物を一時預かってくれるのはなぜかと思われるかもしれません。
それは家のリフォームや建替えなどで一時的に仮住まいに引越しされる方々へのサービスです。

 

 

 

 

冷蔵庫引っ越し料金

トップへ戻る