引越し 2ヶ所 家賃

引越しと2ヶ所分の家賃を回避する方法

引越し 家賃 2ヶ所

 

同じ月に違う物件の家賃が発生するダブル家賃、どうにか回避したいですね。

 

まず現住所ですが「退去の際は3ヶ月前に告知すること」などの契約をしているはずです。
1ヶ月前か2ヶ月前か物件によりますので、まで契約書を確認しましょう。

 

大家さんも空き部屋になるといろいろと困るので、時間に余裕を持って次の入居者を探したいのです。
もし3ヶ月前という物件だった場合は新居が決まってから告知したのでは間に合いませんので、ダブル家賃が発生する可能性が高いです。

 

そこでまずは現住所の管理会社に退去することを連絡してから、新居を探し始めましょう。
「3カ月後に出ます」という予告を先にしてから、その間に新居を探して引越し予定日ギリギリに契約するのが理想的です。

 

建設中の新居物件を予約するという方法があります。
なんせ建設中なので手付金を支払えば予約することができて、家賃は発生しませんがそんなに上手く見つかる保証もありません。

 

1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件を狙うという方法もあります。
こちらも上手いこと条件に合う物件があるとは限りません。

 

ですから新居物件の管理会社に相談して、家賃を1ヶ月分ではなくせめて日割り計算にしてもらえないか交渉してみましょう。
大家さんも物件を長期間空部屋にしておくのは嫌なので、時期によっては交渉に応じてくれることもあります。

 

ダメ元で相談してみましょう。

トップページ > 家電の配送は引っ越し業者にお任せ