引越し トラック 道幅

引越しのトラックと道幅の関係

引越し トラック

 

引越しトラックにはいろいろなサイズがありますが、運びたい家財がどのくらいの大きさの部屋に収まり切るかでサイズを決めます。

 

大きいサイズであればいい気もしますが、大きいトラックは経費がかかるのでちょうどいいサイズを選ぶほうがお得です。
トラックの大きさが大きい場合は、物件に面する道路の幅にも注意してください。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本には道路が狭いところも多いです。
荷物が多いのに道路が狭い場合はどこにトラックを停めるか、小さいトラック2台にするのかなどの検討が必要です。

トップページ > 家電の配送は引っ越し業者にお任せ